【2021年5月】つみたてNISAの運用結果 評価損益+84,849円(+25%)

こんにちは、ちくわぶです。

2019年5月から楽天証券でつみたてNISAを始めました。

投資経験が全然ないことから当初はいろんなファンドに手を出していましたが、2021年2月から次のファンドだけに絞って投資しています。

毎月の積立額
  • 家計から → eMAXIS Slim 全世界株式に20,000円
  • 私のお小遣いから → 楽天・全米株式インデックス・ファンドに13,333円

それ以外のファンドは売却するか塩漬けにしております。

全世界株式の投資信託だと、全世界の企業に投資しているため、これ1本で十分に分散投資出来ていると言えます。

ちくわぶ
ちくわぶ

「eMAXIS Slim 全世界株式」以外にも投資しているのは私のお小遣いでの投資と分けたかったからですね。

全世界株式ではなく全米株式に投資しているのは、どちらの方が運用成績が良くなるか実験的な意味合いで始めました。

前月の結果 → 【2021年4月】つみたてNISAの運用結果 評価損益+79,941円(+27%)

運用結果は評価損益+84,849円(+25%)

評価損益推移

累計投資額と評価額の推移

ファンド名累計投資額評価額評価損益評価損益率投資開始
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)120,000134,95014,95012%2020年11月
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))87,299102,02314,72417%2020年6月
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド100,480145,92045,44045%2019年5月
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド25,70035,1959,49537%2019年5月
投資信託売却益240
合計333,479418,08884,84925%

どのファンドも評価額が+10%以上増えています。

コロナショック以前から投資していたニッセイ 外国株式インデックスファンドとニッセイ日経平均インデックスファンドは評価損益が+30%以上と大幅に増えています。

ちくわぶ
ちくわぶ

投資をストップしており、投資額が増えずに評価損益が増えていっているのが大きな要因ですね。

また、4月は日経平均株価が多少下落しましたが、5月は3月並みの水準に戻っていますね。

日付終値
2021年2月26日28,966.01
2021年3月31日29,178.80
2021年4月30日28,812.63
2021年5月28日29,149.41
日経平均株価の推移

評価損益が大幅に増えているとはいえ、コロナ禍で景気が回復しているわけではないですよね。

世界各国では一時金の支給や休業補償などに必要なお金を中央銀行が大量に供給し、そのお金が金融市場に大量に流れ込み株価上昇につながったと見てる人が多いようです。

これからどうなるか分かりませんが、長期投資を前提に毎月積み立てを行っているため、暴落が来ようと淡々と積立を行っていく予定です。

楽天証券を使うメリット

楽天カードで積立を行うと、積立額に対して1%のポイントが付与されます。

私は毎月33,333円積み立てているので、何もしなくても毎月333ポイントの不労所得を得ています。

年間にすると3,996ポイント。これだけでちょっとリッチなご飯を食べに行けますね。

ちくわぶ
ちくわぶ

タダでもらったポイントを毎月の積立に使うこともできます。

毎月+1%の利益が確定するようなものですね。

また、1回の積立が500円以上超える場合は楽天市場のSPUが+1倍になり、楽天市場のお買い物のポイントもアップします!

以上から、つみたてNISAをするなら楽天証券がおすすめです。

口座開設は無料です。開設がまだならこの機会に口座開設しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました